国産車と外車

国産車と外車(輸入車)という二つの選択肢は、車を購入する際に誰でも一度は迷ったことのある選択肢だと思います。 国産車と外車のわかりやすい違いはデザイン、価格、ブランド性など挙げればきりがありません。 それでは、実際に走行性能で見てみるとどうでしょうか。 しばしば「外車は走りが良い」という迷信のような風潮を耳にしますが、これは欧米の車が長距離の高速走行を前提として作られていることが多いという点と、日本のように排気量規制が無いため低速回転のトルクを用いて低速度での加速力に優れている場合があるという点から考えると、あながち間違いではないとも言えます。 しかし、逆に言うと国産車は国内での走行を前提としており、カーブが多く狭い道や信号の多い都市部など、実際に日本で使う上では国産車は外車に勝るとも劣らないと言えるでしょう。
中古車として外車を買うというのも考えものです。 外車はもちろん魅力的ではありますが、どうしてもというこだわりや憧れ、維持する上で必要な経費や知識が無いのに無理をして購入してしまうと後々に後悔してしまう可能性が高くなります。 国産車であればどの整備工場でもほとんど変わらない料金、環境で修理などを依頼することができますが、外車となれば構造も特殊で、もしかすると部品の取り寄せなどに手間や経費が大きくかかるかもしれません。 もしも中古車での購入を考えるのならば、故障した後のことを考えると無難な国産車にしておいたほうが助かると言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ