車買取のトラブル

車買取にも他の取引と同じように様々なトラブルが存在します。 その中でももっとも多いと言えるのが、金銭に関するトラブルです。 その一例として、支払いの段階になって査定額が減額されるというトラブルがあります。 例えば、査定時には気付かなかったキズやヘコミが見つかったと言われたり、実際に走らせてみると不調が見つかったなどと言われるケースです。 もちろんそれが事実である場合もありますが、中には初めから減額交渉をするつもりでわざと他社より高い査定額を提示して、取引が決まった後で査定額を減らすという巧妙な手口も存在します。 そういう業者に限って査定後に売却をやめようとすると、強引に取引を進めようとしてくる事例が多いです。 車買取に関しては私たちは素人であり、相手方は何度も場数を踏んできたプロです。 まともな商売をしている業者ばかりならばよいのですが、経験や法知識の不足につけこんで丸め込み、安く買い叩こうと考えている業者も中には存在するのです。
他にも、納得のできないまま契約をしてしまったけれど、やはり不服だったために契約を破棄しようとすると。 知らされていなかったキャンセル料を請求されたという事例もあります。 そういうシステムは本来、契約前に業者の方から説明があるはずなのですが、悪質なところだと意図的に説明せず、いざ事が起こってから請求だけされるといったこともあります。 ですから、トラブルを回避するための手段や、万が一実際に巻き込まれてしまった場合の対処法を知っておく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ