車買取の後で注意すること

車買取の後、もう少し正確に言えば査定終了後や契約を結んだ後で、トラブルに巻き込まれないために注意することがあります。 それは契約に同意して売却が決定した後でも、名義変更が行われるまでは車の責任者は自分であるということです。 ですから、契約が終わって実際に車を引き渡すまでの期間に事故を起こしてしまったりすると、それはもちろん自分の責任として処理されますし、査定額も大幅に下がってしまうことになります。 また、自動車税は車の責任者に請求されます。 もしも名義変更を終えていればそれは車買取業者の負担になりますが、たとえ査定が終わった後でもまだ自分名義である場合は、もちろん自分が払わなければなりません。 補足すると、厳密には4月1日時点での車の所有者に自動車税の支払いが請求されます。 自動車税の納税は5月ですので、その時期に車を売却することがあれば、自身が自動車税を支払わなければならないこともあるということです。 車買取や下取りの取引ではあまり見られませんが、個人間の売買などで名義変更が行われておらず、不必要な自動車税を負担させられてしまったというケースもあります。 もちろん、悪徳な業者がわざとそうするケースもごくまれにですが存在します。 ですので、口約束ではなくきちんとした書面でそのあたりの契約内容を確認しておく必要があります。 また、名義変更が成されたときには、それを必ず通知してもらうように事前に念押ししておくとさらに良いと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ