車買取の大まかな流れ

車買取の一連の流れを簡単に説明すると、まずは車買取業者にメール、もしくは電話などでアポを取るところから始まります。 現在の日本では中古車市場での取引が非常に盛んになっていますので、数多くの買取業者が存在しています。 実際に住まいの近くにある買取業者に直接連絡をするという手段が最もシンプルであると言えるでしょう。 もう一つの方法として、インターネットを活用する方法が存在します。 インターネット上には、買取業者のホームページから車種、年式、走行距離などの要項を記入して送信すれば、車の状態や市場の相場から査定額の目安を導き出してくれる便利なサービスも存在します。
買取業者との連絡がつけば、買取に出す車を実際に見てもらうことになります。 これを実車査定と言います。 この際、指定した場所まで買取業者に出張して査定してもらうということも可能です。 実車査定が済むと、査定額の算出が行われます。 この方法は業者によって異なり、その場ですぐに算出してくれる業者と、一度車両の情報を本部に送信してから算出してくれる業者の二通りが存在します。
査定金額に納得がいけば売買契約成立です。 もちろん査定の結果に納得がいかない場合は、買取を拒否してもかまいません。 もしも納得がいけば、まず始めに査定対象の車両を買取業者に引き渡し、次に名義変更や書類の受け渡しが行われて、そこまで終えてから代金の支払いという形になります。 このときに、車のローンがまだ残っていれば、代金から差し引かれる形になります。 ここまでが実際の車買取の流れとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ