車買取当日のアクシデント

もしも車買取、もしくは査定を受ける予定だった当日にアクシデントに見舞われてしまった場合、どうするべきでしょうか。 もっとも多いアクシデントとして、車の鍵が見つからないという事例があります。 鍵が無ければ、車の内部を見ようとしてもドアが開かず、実際に走行してみることも不可能になりますので、早急に買取業者に連絡した後、ディーラーで新たに作成してもらうしかありません。 そのためには新たな費用はもちろん、キーナンバーを特定するための時間が幾らか必要となってしまいますので、買取業者の心証は非常に悪くなってしまいます。 そういった場合はせめて、買取業者に速やかに連絡を入れる、ということを心がけるようにしましょう。
他にも、何かしらの突発的な理由で契約した車をやはり売却できなくなった、したくなくなったという場合があるかもしれません。 そういう場合にはどうすればいいのでしょうか。 契約が完了した後のキャンセルは基本的に難しいものですが、当日、あるいは翌日ならばキャンセルに応じることができる買取業者もあります。 もちろん、キャンセルが可能なタイミングは業者によって異なりますので、契約書を確認する必要があります。 しかし、契約後数日が経過してしまった後では、キャンセル料金を請求されることを覚悟しておかなければなりません。 買取業者が次の買い手を見つけてしまった後であれば、その損失の補填は何十万円にものぼることもありますので、確実に手放せる状態でなければ安易に契約をしてはいけないと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ