車買取に適した時期

車買取には適した時期、タイミングというものがあります。 これを知っておけば大きな利益に繋がる反面、知らないでいると大変な損失に繋がる可能性があります。 高く売るために適している時期というのは、いわゆる決算期です。 買取業者にももちろんノルマがありますので、少し無理をしてでも業績を伸ばしておく必要がある決算期は、比較的高額査定を引き出しやすいタイミングであると言えます。 車買取の決算期は通常の企業と同じく、毎月末、四半期末、そして年度末です。 ここで考慮しておかなければならないことが、車買取には査定から契約成立、車の引き渡しまでにいくらかの時間がかかるということです。 一括査定などを利用するのであれば実際の売却までにかかる時間はさらに増えますので、月末に査定開始では実際の買取は翌月初めということになってしまいます。 ですから、それを見越した上で月の中旬ぐらいから査定を受けるようにすると良いでしょう。
逆に車買取の査定額が下ってしまうタイミングというのが、新型車の発売時です。 マイナーチェンジであればそこまで問題にはなりませんが、フルモデルチェンジであれば乗り換える人が多くなり、その分旧型車が中古車市場に流れてくることになるので、玉数の増加で急激な値下がりになってしまう場合があります。 車買取を考えているときに新型車の発売が決定したならば、なるべく早く売る方が賢いと言えます。 その他にも、地域や気候にあわせて価格の変動する車も多いため、乗り手の気持ちで考えてみてもっとも需要が高くなりそうな時期に売ると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ