中古車を買うときのポイント

中古車を買うときは新車以上に見るべきポイントが多いですが、その中でも特に抑えていた方が良いポイントとして、実際の車の状態がどの程度のものなのかというところです。 一見した外装はもちろん、実際に試乗してみて異音はしないか、真っ直ぐ走っているかなどをチェックします。 また、試乗の際には問題がなくともいざ契約が完了して乗りだしたらすぐに故障してしまった、というケースも多々あります。 ですから、現状走り出しなのか納車前に点検つきなのか、納車後の保証やサービスはどうなっているのか、店舗に指定工場、もしくは認証工場が付属しているのか等を確認しておきます。 きちんと認可を受けた工場が付属している店舗であれば、在庫車の維持、管理を信頼することができますので、仮に事故や修復歴ある車でも修理箇所を確認して問題がなければ購入を検討するのも選択肢の一つです。
中古車を買う際にわかりにくい点として「諸経費」というものがありますが、面倒くさがらずに細かくチェックしておきましょう。 内訳としては登録手数料、ナンバープレート代、車庫証明申請費用、納車手数料がかかってきます。 購入する車が車検の切れているものであれば、自賠責、重量税も別途で必要になります。 車検がついている状態での販売で諸経費の中に重量税が含まれていたり、必要のない所得税なども一緒に請求されたりしてしまうという悪質な例もありますので注意しましょう。 新車購入のときと同じように、車本体だけを見るのではなく、どういう人間がそこで販売、管理を行っているのかを確認しておくことが最大のポイントと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ