車買取前に外さなくてよいもの

車買取の際、後から取り付けた社外パーツには基本的に価値がありませんが、例外としてアルミホイールに関しては査定額の上昇が見込めます。 アルミホイールは車の性能を向上させて、かつ次の買い手が気にしにくい部分ですので、わざわざ純正品に戻す必要はないと言えます。
車買取の際にはなるべく購入したときと同じ状態に近づけるのがベストですが、もう一つ取り外さなくてもよいものがあります。 それは、カーナビ、カーステレオです。 カーナビに関しては取り外さなくてよい、というよりはむしろ取り外すべきではないという扱いになります。 なぜならば、現行の車にはカーナビがついているのが当たり前という現状があります。 そういう状況でカーナビを外してしまうと、最低限の装備さえ整っていないという状態になってしまうため、査定額が減額されてしまう可能性があります。 もし仮に、高価なカーナビやカーステレオを搭載している場合は、査定の際にそれを取り付けたままの状態と、取り外した状態の二通りの査定額を出してもらって、オークションなどでの単体価格と見比べて決めるという手もあります。 大きな減額にならないのであれば、次に購入する車に差し替えても良いでしょう。 しかし、パソコンを始めとする電子工業製品は日進月歩で技術的に進歩していきます。 仮に最新モデルのものを搭載していたとしても、一年も経てばそこまでの価値が無くなってしまう、という場合も多々ありますので、よほどのこだわりが無い限りは取り外さずに売る方が賢明な選択であると言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ