車買取の際に必要なもの

車買取の査定が終わり、お互いが合意して契約が成立した場合、車を引き渡す際にいくつか必要なものがあります。 まず始めに「自動車車検証」が必要です。 車検証を確認する際に、所有者の住所、氏名に誤りがないかをチェックしておきましょう。 もしも無くしてしまった場合は、運輸局の支局で交付してもらうことができますので準備しておきます。 次に必要なのは「自賠責保険証明書」です。 車の査定額に大きく関わりますので、買取業者に伝え間違えがないようにします。 そして「自動車納税証明書」も必要となります。 もしも引き渡す車が軽自動車ならば、「軽自動車納税証明書」となります。 そして最後に「印鑑登録証明書」が必要です。 これは、車の譲渡証明書を作成したり、名義変更の手続きをする際に必要になります。 印鑑登録証明書とともに通常の自動車ならば実印、軽自動車ならば印鑑も忘れずに用意してください。 これらの書類が車買取に必要となります。
その他、住所や氏名に変更があった場合は、それらを証明する住民票や、もしくは戸籍謄本が必要になる場合もありますので、もしも変更があった場合は用意しておきます。 そして、車買取の支払いを行うために、振込に使う銀行口座の情報をメモしておくことも必要です。
車の売買以外では使うことのない、聞き慣れない書類が多いと思います。 しかしもしも誤りがあれば査定や契約の有無に関わってくるので、入念にチェックしておきましょう。 もちろん、車買取業者の方に質問をすれば丁寧に教えてもらえますので、不安な点や疑問があれば迷わず尋ねるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ