車買取における事故車の扱い

以前は、事故車となると買取不可、もしくは大幅な安値での買取になるため廃車にしてしまうことが多かったのですが、近年では事故車の買取も盛んになっています。 事故車を分解して、海外の工場で組み立てる際に再使用することができるような環境が整ってきたこともその一因でしょう。 その影響か、事故車買取の専門店さえもが存在します。
では、どの程度の事故車までなら買取してもらうことができるのでしょうか。 その判断基準として、自走できるかどうかということがもっとも重要になってきます。 仮に事故を起こしてしまっても、きちんと修復して問題なく走ることができるのであれば、査定に大きく響くことはありません。 その際には、事故の状況、故障した箇所、それをどのように修復したかということを伝えれば、車買取の整備士としては助かりますし心象も良くなるでしょう。 また、自分より前のオーナーが事故を起こしている場合も同様に、知っている情報はなるべく伝えるようにしておきましょう。 逆に事故を隠すようなことはしないほうが賢明です。 たとえ言わずとも相手はプロですから、事故の痕跡を見つけ出してしまいます。 そういった場合には査定の大幅な減額や、あるいは契約自体の破棄ということにも繋がりかねません。 そして、事故が原因で車を手放さなければならない、自走ができないというレベルの故障であれば平常通りの査定を受けることは困難ですが、上記した通りパーツ毎に価値がある場合もあるので、廃車にするぐらいならばダメ元で査定を受けてみた方が良いと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ