新古車とは?

新車、中古車という括りは説明するまでもないと思いますが、よく耳にする「新古車」という言葉の意味がいまひとつわかっていないという方も多いでしょう。 新古車というのは正確には「未使用車」と言います。 未使用車は、新車購入時と同じようにナンバープレートの登録だけは済んでいるけれど、まだ一度も使用されていない、あるいは極端に走行距離が短いという状態の車のことを言います。 どうしてそういう状態の車が存在するのかと言うと、最も多い例としてディーラーが代車に使っていた、もしくは試乗車として利用していたものが役目を終えたという場合です。 他にも、ディーラーが販売台数のノルマをクリアするために、ナンバープレートの登録だけ済まして形式上販売したということで処理し、すぐに中古車取扱業者に卸してしまう例などもあります。 こちらは少ない例ですが、納車直前に購入予定だった人がキャンセルしてしまった、買い手がつかないまま新型モデルが発売されてしまい型落ちしてしまった、という車も未使用車にあたります。
未使用車は走行距離もゼロか、あるいはほとんどゼロに近い新車と変わらない状態のものが多く、それでいて新車よりもずっと低い価格で販売されていることが多いです。 もちろん実際に存在する限られた車が対象となりますので、カラーやオプションを選択することはできませんが、それでも新車同様の車を格安で買えるチャンスですから積極的に選択肢として考えていっても良いのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ