新車を買うときのポイント

新車の購入となると浮き足立って物の勢いで購入してしまうということはありがちですが、そういった事態を避けるために考えておくべきポイントがあります。 まず始めに目的や用途を明確にするのはもちろんですが、もしも現在使用している車に不満な箇所があるのならば、新しく買う車がそれを解消しているかどうかを確認すると良いでしょう。 買う際の喜びが大きければ、後で不満が見つかれば落胆もそれだけ大きくなります。 それならば、プラス要素ばかり見るのではなく、マイナス要素がどれだけ少ないかを徹底的に調べた上で購入すれば購入後の満足度が飛躍的に上がるので、結果的に新車を買う上でもっとも大切なポイントであると言えます。 それと同時に、経済的な余裕を持って交渉にあたることも必要です。 オプションや購入後の維持費を考えると、車両価格プラス3,40万円は確保しておいたほうが良いでしょう。 予算に気を取られすぎるあまり本来購入を希望していたものとは別の車種を薦められて、経済面を重視してそちらを買ってしまい後悔する、ということも稀にありますので注意しましょう。 そしてもちろん、新車の購入も減額の交渉をすることが可能です。 とにかくこの車でなければ駄目だという意思表示をして、具体的な予算を提示して、それを満たすのならば必ず買う、という姿勢を見せておけばディーラーの方々も出来得る限りの対応をしてくれるでしょう。 そのために何度か通い詰めてディーラーの方々と仲良くなっておくことも良い手段です。 購入後のアフターサービスを調べる意味でも、どういう対応なのかを見極めることが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ