車買取前の洗車

車買取前の洗車はいつもより丁寧に行いましょう。 キズを隠すために洗車を避けた方が良いという意見もありますが、多少のキズがあっても綺麗な状態で査定を行う方が心証も良くなりますし、また洗車は最低限のマナーであるとも言えます。
最後の洗車を行う場合、もしも隅々まで綺麗にできる自信がなかったり洗車に適した環境がなかったりする場合は、ガソリンスタンドなどの洗車を請け負っている所で頼むのが良いです。 その際に、買取前なので細かいところまで見てもらえるように一言添えておくと良いでしょう。
もしも自分で洗車を行う場合には、見逃しやすい箇所に注意して洗車しましょう。 ボンネットを一度開いてみて裏側まで見てみます。 オイルやホコリなどの汚れて黒ずんでいる場合が多々あります。 それと同時に、エンジンルームもチェックします。 デリケートな箇所ですから細かい所の清掃まで無理に行う必要はありませんが、市販のパーツクリーナーで見える部分の汚れだけでも落としておけば、一目見たときの印象がガラリと変わります。 タイヤを覆っている部分のボディ側、タイヤハウスと呼ばれる箇所にも埃が付着しやすいです。 下から見上げるような形で覗き込んでみましょう。 エンブレムやミラーなどの細かい作業な必要な箇所も丁寧に磨いておきます。 些細な気配り一つで印象がグンと変わります。 言うまでもなく、ボディに貼ってあるシールなどは全て剥がしておきます。 車買取前の洗車というものは、自分が乗っていた痕跡を全て消してまっさらな状態に戻す作業だと頭に置いて作業を進めると良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ